断熱リノベーション

断熱リノベーション・断熱リフォームについてご説明します。1日工事の内窓設置、サッシ交換を始め、床断熱・天井断熱、大規模な断熱改修に至るまで幅広く対応しています。ご予算や使える補助金に合わせたご提案をさせていただきます。

自宅で快適に過ごすには、「夏でも涼しく、冬でも暖かいと感じる」ことが1番です。

本ページでは、断熱リノベーションについて断熱の優先順位と併せてご紹介します。

断熱リノベーションとは?

断熱性能をあげるために行うリノベーション工事を「断熱リノベーション」と言います。

窓の交換」「内窓の設置」「新たな断熱材の設置」などにより、部屋の断熱性能を高めます。

快適性が手に入るだけでなく、光熱費の削減にもつながります。

断熱性を高めることの重要性

部屋の断熱性が低いと外の寒さ・暑さが室内に伝わりやすいため、

  • 結露が生じやすく、カビ・部材の腐食の原因となってしまう
  • 部屋の快適性を下げてしまう
  • エアコンが効きづらく光熱費が高くなってしまう

といった問題が生じてしまいます。

そのため断熱性を高める断熱リノベーションは、健康面・快適性・コスト面から考えてもメリットの多いリノベーション工事です。

断熱リノベーションの優先順位

断熱リノベーションは壁・床・窓・天井などの全ての場所に施すのが最も効果的です。

ただそれら全てを行うとどうしてもコストがかさんでしまうため優先順位を決めることをおすすめします。

下記で断熱リノベーションの優先順位をご紹介します。

断熱リノベーションの優先順位1位 <窓断熱>

屋内と屋外の熱の出入りのうち、約6~7割が窓からと言われています。

つまり、窓の断熱リノベーションを施すことで半分以上の熱の出入りへの対策が取られることになります。

また窓の断熱リノベーションは、他の場所に比べて安く、工期も短く行うことができます。

断熱効果も高く、費用も安く、工期も短い「窓断熱」が1番おすすめです。

また窓断熱には、「窓交換」と「内窓設置」の2パターンがあります。それぞれにメリット・デメリットがありますが、頻繁に開ける窓には「窓交換」、価格・工期・断熱重視の窓には「内窓設置」をおすすめしています。

決めきれない場合でも、ご事情に応じてご提案させていただきます。

交通量が多い外の音が全く気にならなくなりました。
窓交換の施工例
既存窓のサッシを残したまま1廻り小さい窓を設置します。これまでと変わらない使い勝手でご利用いただけます。
内窓設置の施工例
価格・工期の手軽さからお気軽に設置可能です。既存の窓も残るため、外に出るには2枚の窓を開ける必要があります。

断熱リノベーションの優先順位2、3位 <床断熱><天井断熱>

断熱において最も優先順位が高いのは「窓断熱」ですが、その次に優先順位が高い箇所は「床」「天井」です。

この両者は部屋全体への影響はほとんど変わらず、お施主様の感じ方によって優先順位が入れ替わります。

冬の足元の冷えを感じられる方は「床」を、夏の暑さをより感じられる方には「天井」を優先的に断熱することをおすすめします。また、床下・天井裏にそれぞれスペースがあれば、施工も比較的簡単です。

断熱リノベーションの優先順位4位 <壁断熱>

優先順位が最後になるのが「壁」です。「窓」に次いで熱の出入りが多いものの、「壁断熱」を行うとなると大掛かりな工事になり費用も工期もかかってしまうためです。また、1面だけにしても効果は薄いため、ある程度大規模な改修工事になる前提で間取り変更や、水廻り交換と併せて考えられることをおすすめします。

おわりに

断熱リノベーションについて、断熱の優先順位と併せてご紹介しました。

リノベーション工事は物件毎に事情が全く異なるため、ご相談いただければご予算・ご事情に応じた断熱リノベーションをご提案させていただきます。

使える補助金についてもお得になるようにご提案させていただきますので、お気軽にご相談ください!